気をつけることは?

Pocket

高時給であり、自分にとって都合のよい働き方ができることなど、家庭教師のアルバイトには多くの魅力があります。派遣会社に登録することにより、自分で営業をして契約してくれる家庭を見つけてくる必要がなく、マニュアルや研修などによって初心者でも質の高い指導を生徒に提供することが可能です。

ただし、何点か注意しなければいけないことがあります。まず、登録した派遣会社にもよりますが、すぐに生徒が紹介されるとは限りません。自分の仕事の希望と、指導を受けることになる家庭側の希望が合わなければ、お互いの希望に合う家庭が出てくるまでアルバイトをはじめられません。思うように生徒が紹介されなければ、希望の条件に妥協するなどすればよいでしょう。

また、時給は高いですが、1家庭あたりで1日に行なう指導時間は90分など、あまり長くありません。仮に時給が1,500円だとしても、90分の指導では1日あたりの給料は2,250円と決して高くはありません。まとまった金額を稼ぎたい人は、毎日どこかの家庭に指導に行く、1日に複数件の家庭で指導を行なうという働き方をするとよいでしょう。また、高時給を謳っているのに仲介料や手数料が給料から引かれるケースもあります。家庭教師バイトに登録する場合は、給料がどのように受け渡されるのか事前にしっかりと確認しておきましょう。ちなみに家庭教師のエントリ!では毎月の最終指導日に家庭教師で訪問している家庭から直接現金で給料を手渡ししてもらえるそうなので、こうしたシステムであれば安心して指導に集中できますね。

ご存じない方もいらっしゃると思いますが、実は…他の家庭教師センターによっては、高時給と言っていても仲介料や手数料という名目で給料が引かれることがあります。
その点「エントリ!」が紹介するセンターでは、ご家庭から直接指導料がもらえるのでこのようなトラブルは一切ありません。

 

そのほか、家庭教師は結果が求められる仕事です。ただ生徒宅にお邪魔して教えていればいいということではなく、成績の向上や志望校への合格など、目的が果たされなければ自分の評価を下げることになります。高時給な理由がしっかりとあるのですから、学生だからといってサークル感覚で教えに行くのではなく、プロ意識を持って日々指導力を高める努力をしましょう。そして、生徒から「この先生に教わって良かった!」と思われるような素敵な先生になってくださいね。